飛蚊症治し方サイト!※おすすめ商品ご紹介!

飛蚊症という虫が飛んでいるように見える目の病気とは

実際には虫が飛んでいるわけでもないのに、目の前に小さな虫のようなものが浮遊しているように見えたことはありませんか。場合によっては、虫ではなく、糸くずのような、ゴミのようなものに見えている場合もありますが、いずれにしても、それは実際には目の前にある物体ではなく、眼球の中の硝子体という、ゼリー状の物質の中の汚れが影となって見えている病気なのです。病気とは言っても、特に医師も対処法を持たず、薬も処方されることはありません。飛蚊症は10人に一人が症状を感じていると言われるもので、眼精疲労、ストレス、更に、加齢により、特に今まで目に疾患がなかった人でもかかる病気であり、主だった原因も、治療法もなく、表れたばかりのころには、気になってしかたがないゴミの影も次第に気にならなくなってきますので、うまく付き合ってゆくよりほかないでしょう。しかし、どうしても何とか改善したいと思うのならば、硝子体に汚れが溜まらないように、活性酸素が体から排出されるような食生活やサプリメントをうまく生活に取り入れると良いでしょう。

 

眼の疾患の一つとして、飛蚊症というものがあります。これは明るいところ、白い壁や空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずのような浮遊物が飛んでいるように見える目の病気です。特に明るいところではっきり見えます。瞬きや視線を動かしても、この浮遊物は一緒に移動し、目をこすっても消えることはありません。飛蚊症の原因としては、生理的なもの、老化現象、病気によるもの等、様々です。もっとも多いのが、老化によるものです。目の水晶体と網膜の間のゼリー状の硝子体という部分がゆがんだり分離したりすることにより、目に光が入ってきたときに、ゆがんだ部分などの影が網膜に映り、黒い糸状の物が見えたりします。この場合は、あまり気にしないでよいようですが、網膜に穴が開いたり、眼底出血などにより、飛蚊症の症状がでることもあります。この場合は、網膜剥離などの深刻な症状に発展する可能性もありますので、自己判断せず、出来るだけ早くに、眼科での受診をお進めします。